フリートラックとは?探し方・注意点・ダウンロード方法を紹介

スポンサーリンク

こんにちは。
副業でラッパーの方へ楽曲提供の副業を行なっているヒップホップトラックメイカーの小平です。

今回はフリートラックとは何か?探し方・使用する際の注意点・ダウンロード方法について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

フリートラックとは?使い方や注意点

フリートラックとは
主に無料で使用できるボーカルの入っていないインストゥメンタル楽曲の事を言います。

フリートラックは、主に非営利目的の使用(収益が発生しない使用方法)など、規約の範囲内であれば無料で使用できます。
もちろん利用規約の範囲外で使用すると何らかのペナルティーが発生します。

音楽をプライベートで聞いて楽しむ、動画のBGMに使用する、非営利目的の使用で楽曲制作などに使用する事ができますが、日本では主にボーカルを挿入して、収益の発生しないSoundCloudや収益化していないyoutubeチャンネルで発表するために使用する方が多いです。

フリートラックの探し方

フリートラックは、YouTube・サウンドクラウド・BEATSTARSなどから探します。
インスタグラムやTwitterで宣伝しているトラックメイカーも多いので探すこともできます。

私のおすすめは日本人のトラックメイカーも多いYouTubeが一番探しやすいと思います。

YouTubeでフリートラックを探す場合
動画タイトルの頭に[FREE]もしくは[フリートラック]とついている場合が多いので、検索ワードに「フリートラック」を入れるか、「Free〇〇 Type Beat」で探すのがおすすめです。

Type beatとは、「〜みたいなビート」という意味で、日本・海外を問わず、ほとんどのトラックメイカーが公開しているトラックのタイトルに入れています。

Free 〇〇Type beatの、〇〇の部分にはアーティスト名、ピアノやギターなどの楽器名で検索をかけて

フリートラックのダウンロード方法


YouTubeの場合
YouTubeでは直接フリートラックをダウンロードをする事はできないので、概要欄などに記載されているリンクから外部のサイトに飛んでダウンロードする事がほとんどです。

サウンドクラウドの場合
SoundCloudでは「… More」マークから「Download file」を選ぶとダウンロードする事ができます。

もしくは「… More」の横に「FREE DOWNLOAD」などのアイコンがある場合は、そのアイコンが外部のダウンロードサイトのリンクになっています。



ビートスターズ・その他のビートストアの場合
BEATSTARSAirbitの場合は、ビートのページにある「」ダウンロードマークからダウンロードする事ができます。
TRAKTRAINの場合は「…」マークを押すと「DOWNLOAD」と表示され落とす事ができます。

ビートストアでダウンロードする場合、少々手間ですがアカウントを作成しなければいけないので悪しからず。



ちなみに、ビートスターズの場合だと、ビートをアップしているユーザーによっては、ダウンロードの為に以下の手続きが必要な場合もあります。

・Eメールを経由してダウンロードするパターン
メールアドレスと名前(本名じゃなくても大丈夫です)を入力。ダウンロードリンクが入力したアドレスに届きます。



・SNSのフォローが必要なパターン
Twitter、SoundCloud、BEATSTARSのいずれか、または全てのフォローをした後、ダウンロードする事ができます。
なので、指定されたSNSのアカウントを持っていないとダウンロードする事ができません。

フリートラックを使用する時の注意点

フリートラックの使用には制限や規約があります。制限を無視してフリートラックを使用した場合著作権侵害・規約違反となり、最悪自分のアカウントがBANされる危険もあるので、使用の際は製作したトラックメイカーにしっかりと確認をしましょう。

フリートラックにボーカルを載せずに使うのは基本的に禁止
フリートラックをyoutubeなどの動画にBGMとして使用する場合は大丈夫なことも多いですが、基本的に、フリートラックを無加工のまま自分のアカウントで公開する事はできません。


商用利用・営利目的の使用と非商用利用・非営利目的の使用について
フリートラックを使用する上で、商用利用または営利目的についての確認は結構重要です。
基本的にはフリートラックは非営利目的(非商用利用)の使用のみに限られています。

  • 商用利用・営利目的の使用→お金を稼げる・収益を得られる
  • 非商用利用・非営利目的の使用→お金は稼げない・収益を得られない

なので、フリートラックが非商用利用・非営利目的の使用のみだと、Tune coreなどで楽曲を配信したり、Content IDに登録する事で収益を得る事はできません。
収益の発生しないサウンドクラウドやYouTubeで配信する事はできます。

ちなみに英語で
「This beat is free for non profit usage.(このビートは非営利目的で無料で使用できます)」
などと概要欄などに記載されていれば非商用・非営利目的の使用が可能です。

タイトルにトラックメイカー名を入れなければいけない
フリートラックを使用して制作した楽曲をサウンドクラウド等で発表する際にタイトルに(Prod by.トラックメイカー名)を入れる必要があります。

ちなみに英語で
「Must credit (Prod. アーティスト名) in the title(タイトルに(Prod.アーティスト名)を記載する必要があります)」
と書かれています。

フリートラックを使用して公開した楽曲が、後になって著作権侵害を受ける可能性がある

フリートラックを使用した楽曲をYouTubeやSoundCloudで公開して、しばらくしてから著作権の侵害とされる場合もあります。

これは、フリートラックを第三者に独占販売(トラックを購入した人だけが使える販売形態。英語ではExclusiveなど)で販売し、その第三者が楽曲を営利目的で配信後にContent IDに登録した場合が主な原因となります。

Content IDに登録されてしまうと、YouTubeでは、同じトラックを使用している動画は著作権侵害とみなされ、その動画が最悪削除される場合のあります。

もちろん無料で使用していた分、このようなリスクは仕方ないですね。
詳しくは:Content IDの仕組み – YouTubeヘルプのリンク

このようなリスクなく無料でトラックを使用したい場合は、クリエイティブコモンズライセンスの楽曲を使用するのがおすすめです。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとはのリンク

という事で「フリートラックとは?探し方・注意点・ダウンロード方法を紹介」の記事は以上になります。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました